沿革


昭和33年
学校法人米子北高等学校設立(後の学校法人 翔英学園)
初代理事長 小泉順三就任
昭和55年
第2代理事長 松田喜代次就任
昭和62年
法人名を学校法人 翔英学園に変更
米子北斗中学校・高等学校の設置認可を受ける(鳥取県知事)
昭和63年
鳥取県内唯一の中・高一貫校として開校
初代校長 久城和明就任
中・高それぞれ80名の募集を行う
平成 2年
第2期土地取得
第3期土地取得
平成 3年
高校第1回の卒業式 卒業生71名を社会に送り出した
同窓会「北翔会」発足 
高校の募集を停止 同時に北斗中学から78名が北斗高校に進学した
平成 4年
部室棟竣工
平成 6年
中高一貫1期生76名が卒業
平成 7年
第2代校長 生田雅彦就任
平成10年
創立10周年記念式典を行う
平成11年
体育館焼失による再建竣工
平成16年
高校募集を再開する
平成18年
松田喜代次 学園長就任
第3代理事長 雑賀啓一就任
平成20年
創立20周年記念式典を行う
平成21年
第3代校長 平松民雄就任
平成25年
第4代校長 山内晃就任
平成28年
雑賀啓一 学園長就任
第4代理事長 生田雅彦就任
平成30年
第5代校長 金山文隆就任